日本大学大学院知的財産研究科

HOME >  新聞学研究科について >  学びの魅力

新聞学研究科について

学びの魅力

真実を知りたいという姿勢をサポートし、高い意識を持つジャーナリストを養成

岩渕美克教授と現役ジャーナリストのリカレント教育として本学で学ばれたスポーツニッポン新聞社の川田一美津さんに、新聞学研究科の魅力について語っていただきました。

新聞学研究科はどのような研究科ですか?

岩渕教授 : 新聞学を学べる大学院の中でも、法学部を母体とする、日本で唯一の研究科で、ジャーナリズムとメディアの研究を目的としています。具体的にはジャーナリストの育成、新聞社の記者など現役ジャーナリストのリカレント教育、留学生を中心に、世界で活躍するジャーナリストの育成、また後期課程も創設されたので研究者の育成にも取り組んでいきます。新聞社やTV局等で現役記者として活躍する修了生も輩出しています。

どのような授業が行われていますか?

岩渕教授 : 倫理や制度、ジャーナリズムの研究動向を通じ、ジャーナリストとしての心構えを理解し、教養を高めるのと同時に、マスコミの実務経験者も教員として指導に当たっていますから、ジャーナリズムの現場を体感できる講義も行っています。
また川田さんのように、現役ジャーナリストが同級生として机を並べていますから、教員だけでなく、同級生からも多く
の知見を得られる環境が広がっています。

川田さんはなぜここで学ぼうと思われたのですか?

川田さん : スポーツや芸能、政治、社会の分野で長年記者を続けた後、現場を離れ、デスクとして管理面の業務に携わるようになり、ジャーナリストとしての感覚や精神が薄れていくことに危機感を持っていました。そこでもう一度学び直す機会として本学に入学しました。

岩渕教授 : 時間に追われる新聞制作業務の中で、川田さんは本当に勇気ある決断をされたと思います。大学院は少人数教育ですから、教授とも距離が近く、ざっくばらんな環境の中で学ぶことができたと思いますよ。

川田さん : そうですね。「新聞の役割」など、第三者の目線から投げかけられ、改めて考え直すことも多く、毎日が新鮮な気持ちでした。

岩渕教授 : ここで学んだことは現場の業務にどんな変化をもたらしましたか?

川田さん : 大学院で学ぶ前までは、正直、当たり障りのない視点で記事をまとめがちでした。でも「それではいけない、もう一歩踏み込まねば」というジャーナリスト本来の正義感をよみがえらせてくれたのが、大学院での授業でした。デスクとして記者たちにも、思いを表す記事を書こうと声をかけています。

岩渕教授 : 川田さんが学んでいたのは、東日本大震災後の2011年から2012年。ジャーナリズムとしても大きな時代だったよね。

川田さん : 当時、朝の情報番組のコメンテーターも務めていて、収録後に午後の授業に出ることもありました。番組内でも新聞社のコメンテーターとして、時事ネタをわかりやすく伝える役割を任されていましたから、授業での解説が大いに役立ちました。込み入った内容のものなら、専門知識を持った先生に聞いて番組に臨むこともできましたから、とても心強かったです。

学生にはどういう姿勢で学んでほしいとお考えですか?

岩渕教授 : ジャーナリストとして必要なのは、全体に流されることなく、自分の信念を持って、権力をウォッチする姿勢だと思います。客観中立的な見方も必要ですが、それだけでは視野が広がりません。問題意識や批判的な見方の中にジャーナリズムの存在意義があるのではないでしょうか。そのためには問題の本質を理解する力も欠かせません。私たちは過去の事例、現在の状況、研究動向等、あらゆるものを駆使して、高い意識を持ったジャーナリストを育てていきたいと考えています。
昨今、勢いのない若者が増えていると言われていますが、幸いにも本学で学ぶ学生は皆、意欲的で私たちも育てがいがあります。ジャーナリストになりたいという夢の実現を最大限サポートしていきますから、大きな野望を持って入学していただきたいと思います。

岩渕教授、川田さん、本日はありがとうございました。

岩渕美克教授
1987年 慶應義塾大学大学院法学研究科単位取得
1989年 聖学院大学政治経済学部専任講師
1993年 日本大学法学部専任講師
1996年 日本大学法学部助教授
2002年 日本大学法学部教授
この間、日本マスコミュニケーション学会理事などを歴任。
2014年5月より日本選挙学会理事長。

川田一美津氏
株式会社スポーツニッポン新聞社
編集局文化社会部 編集委員/2012年修了

詳細検索はこちら(法学部OPAC)

PAGE TOP