日本大学大学院知的財産研究科

HOME >  新聞学研究科について >  研究科長あいさつ

新聞学研究科について

研究科長あいさつ

日本大学大学院新聞学研究科長

日本大学大学院新聞学研究科長
小田 司

 日本大学大学院新聞学研究科は、日本大学法学部新聞学科を母体として創設されたジャーナリズム、メディア、コミュニケーションを学ぶ研究科です。同新聞学科は、昭和22年8月に認可された歴史のある学科で、「新聞に関する科学的研究と新聞人として活躍せんとする人材の育成を主眼」としていました。メディアの発達により、現在では広くメディアやジャーナリズム、コミュニケーションを研究する人材、これらに関連する業界などで活躍する人材の育成を目指しています。こうした目的を引き継いだ本研究科は、ジャーナリストや研究者の育成ばかりでなく、現役ジャーナリストのリカレント教育にまで目的の範囲を広げています。

 本研究科のカリキュラムは、歴史、理論、制度の研究のキーコンセプトとなる3領域を中心に、法学、政治学、社会学などの社会科学の関連領域を併せた科目から構成されています。法学部に付置されている利点を最大限生かせるように、社会科学を中心とした様々な学問領域からジャーナリズムにアプローチできる体制が本研究科の魅力の一つです。また、本研究科では、社会全体のグローバル化の要請を受けて、グローバルな人材も積極的に受け入れています。欧米だけではなく、今後ますます重要になると思われる東アジア諸国についても重視し、広く門戸を開いています。

 本研究科では、ジャーナリスト、研究者志望の人はもちろん、広く「コミュニケーションの世紀」を担うことのできる人のチャレンジを期待しています。

詳細検索はこちら(法学部OPAC)

PAGE TOP