TOP > 法学研究科について > 沿革

法学研究科について

沿革

1951年(昭和26年)大学院法学研究科 修士課程(公法学専攻、私法学専攻)を設置
1953年(昭和28年)大学院法学研究科 博士課程(民法学専攻)を設置
1954年(昭和29年)大学院法学研究科 博士課程に公法学専攻を増設
1950年(昭和30年)大学院法学研究科 修士課程・博士課程に政治学専攻を増設
1962年(昭和37年)大学院法学研究科 博士課程 民法学専攻を「私法学専攻」へ改称
1976年(昭和51年)昭和49年に制定された大学院設置基準により、大学院法学研究科 博士課程を標準修業年限を5年とし、博士前期課程2年、博士後期課程3年とに区分
1998年(平成10年)法学部2号館落成
大学院法学研究科の拠点となる
2004年(平成16年)大学院博士前期課程 私法学専攻に「知的財産コース」を、政治学専攻に「公共政策コース」を設置
2006年(平成18年)大学院博士前期課程 政治学専攻に「公共政策1年コース」を設置
2010年(平成22年)専門職大学院知的財産研究科の設置に伴い、大学院法学研究科博士前期課程 私法学専攻「知的財産コース」の募集を停止
2017年(平成29年)専門職大学院知的財産研究科の募集停止に伴い、大学院法学研究科博士前期課程 私法学専攻「知的財産コース」を再設置
PAGE TOP