TOP > NEWS 最新情報 一覧 > 令和3年度(次年度)の大学院法学研究科・新聞学研究科授業形態について

NEWS 最新情報

令和3年度(次年度)の大学院法学研究科・新聞学研究科授業形態について

学生・保護者の皆様

     令和3年度(次年度)の大学院法学研究科・新聞学研究科授業形態について

 あけましておめでとうございます。
 昨年4月の緊急事態宣言を受け,本研究科では,新型コロナウイルス感染防止のため,令和2年度の授業を
オンライン方式に切り替えて実施するとともに,PCの貸出しや通信環境整備費用の給付,奨学金の拡充など
の修学支援を行ってまいりました。またその間,各校舎・講堂(教室)に適切な感染防止策を施し,キャンパ
ス内の通信設備の増強をすすめ,後学期には,一部の専門演習及び研究指導のみではありますが,対面授業も
再開し,現在に至っております。

 そのようななかで,本研究科は,令和3年度の授業実施計画につき,慎重に検討を重ねてまいりましたが,
コロナ禍の収束が見通せない現状にかんがみると,平常時のように全ての授業を対面で実施することは困
難と判断し,令和3年度は,対面授業を行いつつも,同時に,オンライン会議システム(Zoom)による参加
も可能な授業を実施することといたしました。

 ただし,平時はオンライン会議システム(Zoom)による授業参加を検討される方におかれましても,
授業や研究活動・研究発表等において必要が生じる場合は神田三崎町キャンパスに登校していただく可
能性がございますので,住居の確保等,登校のための生活環境を整える必要のある場合は,早めに準備を
開始されるようお願いいたします。

 なお,新年早々,1都3県に再び緊急事態宣言が発出されるなど,新型コロナウイルスの感染拡大は予断を
許さない状況が続いております。このため,今後の状況次第では,授業実施計画に変更が生じる可能性がご
ざいます。この件に関する重要なご案内は,今後もホームページやポータルシステムを通して配信いたし
ますので,引き続き御注意くださいますようお願いいたします。

                                         以  上

PAGE TOP