日本大学大学院知的財産研究科

【重要】本研究科は平成29年度以降の学生募集を停止しております。

TOP > 社会人の方へ(社会人が働きながら履修しやすい環境) > 在学社会人学生インタビュー

在学社会人学生インタビュー

就職後に知った特許の世界。
その可能性を学びたくて大学院に進学

知的財産研究科
池野 陽介 さん
学習院大学理学部卒業

 大学の数学科を卒業し、システム開発会社に就職。SEとして業務システムやアプリ開発に携わっていた時、社内の特許調査担当も任され、特許に興味を持ちました。通信教育で勉強し、知的財産管理技能という資格も取得したのですが、もっと実務的なことを学びたいと思い、本学に進学。特許を学べる数少ない大学院のうち、シラバスがわかりやすくて、自分が学ぶ姿をイメージしやすかったのが本学でした。

 もともとインテリアやデザイン的なものが好きなこともあり、現在は「意匠法と著作権法」について学んでいます。判例をリストアップし、個々の商品のデザイン保護にはどちらの法律を活かすのが適切なのかを考察しています。

 こうやって自分が知りたいテーマを決め、意欲的に研究を進めていくというのが、大学院の学び方なんだと実感しています。学部時代は自分も回りも受身でしたが、今は教授も先輩も研究意識の高い方ばかりで、いろいろな議論に発展できるのが面白いと感じています。もちろんこちらに求められるものも高いので、より深い知識や専門性が不可欠。研究に対する確固たる思いも必要です。入学前にシラバスを通じて思い描いていたことよりも、遥かに奥深い世界と言えるでしょう。

 現在、就活中ですが、企業の法務部や産学連携の団体など、モノ作りや研究開発に特許や知的財産の観点から貢献できるような仕事に就きたいと思います。併せて弁理士の資格も目指したいと考えています。

大学院在学の感想

知的財産研究科2年
在学生 S.Y.さん

在学社会人学生より、なぜ知的財産研究科に進学したのか、在学してみてわかった魅力などを語って頂きました。

1. 大学院進学の理由

私は、企業の知的財産部門での業務経験を経て、大学院に進学しました。知的財産を経営資源として活用することで、クライアントのビジネスを優位に進める知財パーソンになることを目標としています。
本大学院に進学したのは2つの理由からです。

① 弁理士試験対策のため

自分の目標を達成するために、まずは弁理士の資格を取得したいと考えました。弁理士試験対策を行うにあたり、本大学院にて一定科目を履修することで、試験科目の一部が免除される点に魅力を感じたのです。
また本学は、弁理士試験対策を行う環境が整っている点も魅力と感じました。法学部に併設されている弁理士科研究室に所属することで、学部生・大学院生・本学OBである社会人の仲間と、切磋琢磨しながら効率的に弁理士試験の勉強を行うことができます。

② 法律を体系的に学ぶため

法律に基づいて正確な判断を行うために、体系的に法律知識を深めたいと考えたためです。 実際のビジネスの場で、民法・特許法・不正競争防止法・著作権法等の複数の法律に基づいて判断を行う必要があるケースがあり、法律の「知識」と、法律に基づいて自分で判断するための「考え方」を学びたいと感じました。法律を学ぶにあたり、本大学院は、法学部に併設されている点が魅力と感じました。
私は理系出身のため、最初は民法を始めとする法律に少し抵抗がありました。しかし、 先生がわかりやすく説明してくださる内容を理解していくうちに、法律知識および法律的思考力の基礎を身につけることができると感じています。

2. 大学院の魅力

大学院に在籍する中で感じる数多くの魅力のうち、2つを紹介します。

① 先生と学生との距離が近いこと

大学院では、書籍を用いた独学では得られない実戦的な知識を学ぶことができる点が魅力と感じています。大学院の授業は、ディスカッションを行う等、先生と学生との距離が近い少人数制の授業が多いため、このような貴重な経験を得ることができると感じています。
また、1人1人の学生のために、先生方や教務職員の方が親身に対応してくださる点も魅力と感じています。各種情報の提供や、課外活動の機会の提供等、先生と学生との距離が近いからこそ得られる経験があると考えています。

② カリキュラムの自由度が高いこと

大学院では、開講されている約90科目の授業から、自身にあったカリキュラムを組むことができる点が魅力と感じています。専門性を深めたい法律分野を掘り下げて学んだり、 「知的財産法+α」でのビジネス活用方法を学んだり、自身の目標に合わせた選択を行うことができます。
これらの授業は、官公庁・企業・学者等のバックグラウンドをお持ちの先生方や、弁護士・弁理士の実務経験豊富な先生方により行われます。このため、実際のケースに基づいた実戦的な知識を得ることができます。
特に、「知財経営戦略」の授業では戦略ツールを用いて自分で実際に戦略立案を行ったり、「商標法」・「知的財産法専門」の授業では法律の制度設計や判例について学んだり、「外国知財法」の授業では今後大きな成長が見込まれるアジアの知的財産法を学ぶことができ、非常に刺激的です。

大学院で学んだ「知識」と「考え方」を大いに活かして、クライアントのビジネスを優位に進める知財パーソンになりたいです。

関連キーワード

PAGE TOP