日本大学大学院知的財産研究科

【重要】本研究科は平成29年度以降の学生募集を停止しております。

TOP > 社会人の方へ(社会人が働きながら履修しやすい環境) > 社会人にとっての履修目的

社会人にとっての履修目的

本研究科の教員は、法律の専門家のみならず、法曹・ビジネス分野出身の実務家などから構成されています。ですから、すでに知財業務に携わっておられる方は、現在の仕事に密接に関連する法律・実務・自然科学について体系的に勉強することにより、的確に効率よく課題を解決できる力がつきます。

また、新たに知財の仕事に就きたい方は、弁理士試験に合格することだけでは不十分です。スムーズに仕事を始めるためには、日本大学の知財専門職大学院における少人数制での、議論を中心とした勉強が、最も効率のよい方法と言えるでしょう。すでに、弁理士の資格をお持ちの方も、知財経営や先端技術についての知識を補強されると、ご自身の更なる強みとなります。

関連キーワード

PAGE TOP